上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
香代乃さんのコミックには恋愛モノが多いですが、さわやかな恋愛モノと言うよりはちょっとキワドクHでコミカルなものが多いですね。

ロイヤルセブンティーンもそのひとつだと思います。

インターネット上にあるロイヤル・セブンティーンのレビューを見ても、性描写に関することや独特の世界観についての書き込みが多く見られます。

その中でロイヤル・セブンティーンに関する問題点をいくつか書き出してみると、

■中高生がメインの雑誌に連載するには性描写がリアルで多過ぎる

場面によってはアダルトコミックでは?と思われるくらいのリアルさもあり、問題視する大人は結構いるようです。
出版社が小学館だけに、できればもう少し対象読者を意識した内容を求める声も多いですね。

■場面設定がありえない

漫画なので、ありえない設定も楽しむべきだと個人的には思うのですが、読んでいる方の中には「もう少し現実的な恋愛モノがいい」という声も少なくありません。
ロイヤル・セブンティーンよりもおかしな設定のコミックはたくさんあるのですが・・・・。

変わった設定の割には、ストーリーの先が読みやすいという意見もあり、作者もなかなか大変ですね。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。