上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セブンティーンと言えば、この前ロイヤルセブンティーンという映画の広告を見ました。

ロイヤルセブンティーンは、2003年公開の映画なので、決して最新作ではありませんが、このほど期間限定生産の廉価版DVDが発売されたということで宣伝をしていたようです。

このロイヤルセブンティーンという映画のあらすじは、アメリカで自由奔放に楽しく暮らしている女の子が、まだ見たことの無い父親(まだ主人公が生まれる前に母親が別れて顔も知らない)を探しに英国へ行くところから始まります。

英国に渡って探し当てた父親は、伯爵という立派な身分の上に有名な政治家。戸惑いながらも会えて喜ぶ二人は一緒に暮らすことになるのですが、そういう身分の父親ですから様々なトラブルが起きます。
父親のフィアンセとその娘からのイジメや上流階級になじめない主人公へのバッシングなど・・・・。
そんな中で、本当に大切なものは何かということに主人公は気付くというような内容です。

ロイヤルセブンティーンは、笑いの中にもホロッとくる素敵な映画ですね。

コメント

初めまして。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。